web制作のスキルやノウハウをマスター

web制作するときに必要な知識って?

web制作に最低限必要な知識とはデザインとコーディング、この2つです。デザインは何となくわかるけど、コーディングって一体なに?と思う方も多いはず。コーディングとはパソコンやスマートフォンがウェブを閲覧する時に読み込むプログラムを書くことです。プログラムと理系チックな単語を聞いて頭が痛くなるかもしれませんが、web制作に必要なプログラムは映画やドラマなどでイメージするものに比べると簡単なものです。

web制作で最低限必要なものはhtmlとcssという2つの言語です。特に初心者がまず覚えるべきはhtmlです。htmlは文字や画像をパソコンやスマホに読ませる命令をする言語で、これさえわかれば最低限の表現は可能になるわけです。この最低限の表現に味付けをするのがcssです。色や大きさ、表示させたい場所を指定します。htmlとcssさえわかってしまえば、web制作は誰にでもできるのです。

やりながら学べる!充実しているweb制作学習サイト!

プログラムは実際に動かして覚えるのが一番なのですが、学習のセオリーを知らずに挫折する方がとても多いです。特にプログラム未経験者は実際にhtmlやcssを本やネットで調べてパソコン側の準備や設定、専門用語が多すぎることで実際にプログラムを書くまでに至らず挫折しています。そこで今回ご紹介したいのは、web制作のハードルを限りなく低めにして学べる方法です。
おすすめしたいのが体験型のweb制作学習サイトです。体験型学習サイトの特徴はパソコン側の準備や設定、専門用語を極力排除して、やりながら覚えていくことをコンセプトに学べます。学習サイトにアクセスすれば、そのサイト内で実際に入力したり、表示させたりが可能。学ぶまでのストレスがかかりません。有料であることが多いですが、本をたくさん買い込むよりも安く学べますし、お試し受講もできるので、自分に合った学習サイトを探すこともできます。