ネット時代に必要になるweb制作

ネット時代を見据えたweb制作の基本知識

web制作とは、オンライン上で動くアプリケーションやwebサイトを制作することを指します。パソコンやスマートフォンでアクセスして利用されることを目的とし、業務用を始めネットショッピングやゲームなど色々な種類のweb制作が存在します。
web制作には大きくわけて4種類の職種があり、それぞれ違った役割を持って制作に携わっています。
webディレクターと呼ばれる人がチーム全体の仕切り役となって、スケジュール管理やユーザーとの対話など多岐にわたる仕事を担当します。次に、webデザイナーと呼ばれる人が、ユーザーが直接目にする画面を制作します。その画面にプログラムを組み込んでシステムを構築するのがフロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアと呼ばれる人です。画面上で動くプログラムを作る人をフロント、裏側で動くプログラムを作る人をバックと呼び分けています。

web制作の具体的な手法

職種によってそれぞれ手法が異なります。
webデザイナーの場合、HTMLとCSSを用いて制作します。HTMLで画面の骨組みを作り、CSSで整った画面に仕上げていきます。デザイン担当ということもあってデザイン力が求められ、ユーザーが求めるデザインを提示できるかがポイントになる職種です。場合によってはデザインだけを担当し、HTMLやCSSはフロントエンドエンジニアが担当することもあるようです。
フロントエンドエンジニアは、HTMLやCSSに加えてJavaScriptを使って画面をダイナミックに動かしたり、ユーザーが直感的に操作しやすいように画面からアクションを返す仕組みを作ります。一方、バックエンドエンジニアはJava、.Net、PHPといった言語を状況や方針によって使い分けることがあり、サーバーとやり取りするプログラムも組むためサーバーサイドの知識も必要になってきます。